パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
ボールがカップに届かなければ100年経っても入らない(青木功)。

だからカップをオーバー目に転がすということになりますが、あまりにオーバー目に(強めに)転がせば、ボールはカップの先(向こう)の縁を乗り越えて行ってしまいカップインしません。

ではカップを通過する速度がどのくらいまでがカップインする限界なのでしょうか。

平坦地で考えると簡単ですね。

ボールがカップの直径分だけ通過するまでに、ボールが重力で自分の半径以上落下すれば、カップ先の縁を乗り越えてしまうようなことはありません。

これを示したのは河村龍馬著「ゴルフの科学」(光文社)、小田切洋一著「科学的ゴルフ上達法」(講談社)です。

お二人ともほぼ同じ結論を示されています。

それによると、ボールがカップの真ん中を通る場合で、

1.速度の上限は1.5m/s(理論値)。もしカップインしないとすると0.9mオーバーする。

2.カップの縁が完全に直角でない可能性もあるので、上限は0.7~0.8m/sだろう。

3.30~40cmをオーバーする強さでパットするというのは妥当な数字。

3は経験的にも言われていますね。

暫くの間、43cmオーバーが良いとも言われていました。これはD・ペルツさんのロボットによる実験の結果ですが、カップ周りがドーナツ状に踏まれているという実験条件です。

今はツアーでもジャストタッチでカップインを狙う選手が多いですね。

一般のゴルフコースでも、グリーンの整備が良くなっていますので、ジャストタッチが良いように思います。

上に掲げた実験数字は、ショートパットでラインを薄く読み強めに打つ場合の上限値と考えて頂くのが良いと考えます。

勿論、上りでは向こうのカップの縁は高いですから1m近くオーバーするくらいの強さで転がしてもカップインしますし、下りでは向こうの縁が低いですから(傾斜次第ですが)、手前の縁を舐めるくらいの速さでないと入らないということになり、下りのパットは難しいということになりますが、これも経験で誰もが知っているところです。

いつも応援ありがとうございます。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。