パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「mizu-toshi」さんの「ノーテークバックストローク」で、腹筋力を使ったパットの大切さを認識させられました。

私は自分では腹筋力を使ったと思っていましたが、実は堕落していました。
これが「誤概念」ですね。

丹田に注力してストロークすると、体の軸が狂わない(ぶれない、上下しない)ので、芯を捉えるので、歯切れの良いインパクトが得られます。

当り負けしないパットが出来るわけですね。

そういえばパットでも当り負けしないという記事をどこかで見たな、と探してみたらありました。

ーーーー
「週刊ゴルフダイジェスト2014年19号」で石井忍さんは、松山英樹のパッティングについて「当り負けしない」パッティングだと評しています。

それは、松山がワイドスタンスで両脇を締めて、膝・肘・肩のラインまでスクェアに揃えているからだと解説しています。

だから、松山のパットであれば「鉛の球でも当り負けしない」とも。
ーーーー

松山のアドレスはワイドスタンスで見るからにどっしりとしていますね。

しかし、それだけではないはずです。
あの姿勢で(外見からは見えませんが)丹田或いは腹筋にかなりの力を入れてアドレスしていると想像できます。

芯を捉えた、当り負けのしないパットは腹筋力の賜と言えそうです。

宅練でなさっても、このことはお分かりになると思います。
お試しください。

いつも応援ありがとうございます。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。