パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「注意すべき1」に続きます。

ーーーー
ショートパットではボールを見ない

ゴルファーがショートパットで患う”イップス病”は、しばしば、ストローク中にボールを見るため体が動いてしまうことが原因である(*1)。

ライン上のボールの転がりを見ようとして頭を動かすと、ストロークの方向性が狂ってしまうことがある。

バランスと安定性は正しいパッティングにとって死活的重要性を持つ要素であり、ボールがかなり先に行くまでは、体の動きを抑え、頭を静止させておくこと。

大まかなルールとして、もしホールが目に入ってきたら(当然、ショートパットの場合だが)、誘惑に抵抗し、決してボールを見ないことだ。

カップインの音を聞くまでは、ボールの有ったスポットから目を離してはならない。
ーーーー

このサブタイトルをご覧になって、J・スピースのような「ノールック」のパットをせよと言ってるのかと勘違いしましたが、、、(笑)。そうではなくボールを目で追うな、という意味で注意しておられます。

*1:イップスはこんな単純なことが原因ではないと思いますが、このこともその原因の一部になっていることは想像できますね。

ストローク中に頭を動かすパットの名手はいません。

ショットでは動かす選手でも、です。
かつてのA・ソレンスタムや現在では朴仁妃がそうですね。
しかし、パットでは頭は不動です。

そうです、パットでは不動有利です。←不動裕理(笑)

ではどうしたら良いのか、が我々が知りたいところですが、L・オチョアは「2つ数えろ」と自分に言い聞かせたそうです。→「2つ数えろ」

しかし、ご本人もこれは長い時間だ、とも。

人間は「結果を速く見たい」という本能に引っ張られる動物なんですね。

「道具屋」さん
がこのことを大切にして1年間でHDCPを10→7にしておられます(現在は6)。
最近では御父上(HDCP=3)越えを目指してこのことに再挑戦され、今年の目標を「5下」に置いておられます。→「イーグルゲッターと中井プロ本」

いつも応援ありがとうございます。

↓転落!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。