パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「グリーンの癖への対処1」でレイアップしたので、続きです。

ーーーー
グリーンの癖への対処法  ブレーク・ポイントを見定めるの続きです。

この原則をさらによく理解するため、常識の範囲内で切れるラインを選んで、試しに2発ほどボールを打ち、その後ラインの頂点から1インチほど上の地点にティを刺す。

ここですべきことは、このマーカーに対してスクエアに立って、このティのわずかに内側に狙いをつけることだ。

つまり、真っ直ぐなパットを打つことに集中するのだ。

ペースを正しく判断し、ボールがグリーンの斜面に従ってホールの方へ方向を変えていくのを観察すること。

このドリルを使って、ラインとペースの関係をよく知ると同時に、中間ターゲットの識別という限りなく重要な技術を、練習を通して身に着けて頂きたい。

左から右に切れるパットと右から左に切れるパットの他に、二重に切れるパットも練習すること。

また、パットをする前のルーティンをマスターすることも大切だ。

ボールの後ろにしゃがんでグリーンの傾斜を調べ、2度ほどストロークしてみる。

次にブレーク・ポイントを選びボールの転がるラインをイメージし、狙いを定めてからボールに向かって立つ。

最後に1、2度ホールを見て、頭の中で転がりをイメージしたら、後はストロークに任せることだ。

理想を言えば、パットのためのセットアップに入る際は毎回、同じルーティンを繰り返すようなタイミングが望ましい。
ーーーー

3m位のパットが入るとゴルフが楽で楽しくなりますので、いわゆるミドルパット(2m~10m以下)ではこの方法が有効のように思います。

PGAtourの選手の平均技量はあらゆるライからの平均として、3mを入れる確率は≒60%です。

我々の目標もこの辺りに置いて取り組むのが良いのではないでしょうか。

尤もアヤコさんのアメリカでの活躍時は同じような条件で70~80%の確率で決めていたそうですから上には上がいるものですね。もっと上の目標もありですか?

いつも応援ありがとうございます。

↓転落!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。