パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「ロングパット」に続きます。

レッドベターさんは続けます。

ーーーー
グリーンの癖への対処法 ブレーク・ポイントを見定める

曲がるラインのパットをする際はいつでも、ラインをとるかペースをとるかの決断が必要になる。

打ち方が強すぎると、ボールはブレーク・ポイントを無視して真っ直ぐに転がっていくし、弱すぎるとラインから逸れてしまう。

当然のことながら、ボールをどの程度膨らますかは、偏にグリーンの速さ次第である。

だがこれは、本を読んで習えるようなことではない。

パッティングの持つ気紛れな性格に合わせるためには、あらゆる種類の異なったグリーンを経験し、あらゆる状況でプレーしなければならないのである。

しかし、南アフリカが生んだ偉大なプレーヤー、ボビー・ロック(*1)の英知は参考になる。

かれは問題を簡略化して、こう言った。
「パットはすべて真っ直ぐに打てばよい」と。

要するにゴルファーの任務は、ラインを正しく読み、ホールに向かって転がっているボールをイメージし、適性な”ブレーク・ポイント”・・・つまり、中間ターゲット・・・の位置を測定することだ。

その時点でそのポイントがターゲットになるから、後はロックが言うように真っ直ぐ打てばよいのである。 (ここでレイアップします)
ーーーー

*1:ボビー・ロックは18歳で南アOPENに優勝。
   父親から与えられたボビー・ジョーンズの著書により上達したと伝えられています。
   PGA通算13Vですが、その後は欧州ツアーへ。
   全英OPEN4Vでその他多くの国のOPENを制しています。
   「パターは生涯の伴侶。浮気者に名手はいない」と名言を残しました。

弊ブログでもB・ロックのパットについてUPしています。
「トップスピンのパット」

↓転落!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。