パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
著書では「絶対に乱れないストローク」に続きます。

ーーーー
ショートパットの要は「自信」である。

ワンパットで沈めたボールの数が増えるにつれて、パッティングは易しくなってくるのだ。

練習のテクニックはたくさんあるが、中でも最も効果的な方法は、カップから2~3フィートのところにボールを円形に置いて、一つ残らずワンパットで沈める練習である。

あるいは、これから説明する”ドローバック”方式を採用して仲間と競争するのも、練習を更に面白くする。

つまり、ミスしたパットはすべてパターの長さだけ後ろに戻して打ち直す方式で、これで”オーケー・パット”はなくなり、勝負のカギを握る4フィート・パットのストロークが試されることになるのである。

この練習の要はリズムに集中することだ。テクニックに拘泥してはならない。

既に指摘したとおり、セットアップと方向取りが正しいことを確認し、毎回パットをストロークで沈めるときに、例の”ワン・ツー”テンポを繰り返すのだ。

目を閉じるか、或いはボールのほう(*1)を見ながらストロークする練習をして、パターではなく、パッティングに集中することを覚える。

ラウンド前のグリーン上の練習で2フィートのパットを20発沈めることによって、自信が驚くほど高まるものだ。

10フィートの距離からカップを狙うのはお勧めできない。

ミスした場合、自信がぐらつくからである。

必要なのは、連続的にカップに沈めるときの感じと満足感なのだ。

それによって弱気を拭い去り、自信を築くことである。

ボールがカップの底で立てる音を聞くことに勝る喜びはないのである。
ーーーー

*1:いわゆるノールックのストロークですね。
   J・スピースは年齢からして、このD・レッドバターさんの著書の影響を受けている?!

練習グリーンでのスタート前の練習では、長いパットから始めて距離勘を確認し、最後は短い距離のパットでカップインの音を聞くことで自信を深めるというやり方は、その日のゴルフを占いますので、丁寧に行っておきたいですね。

転落!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

充実した土曜日を!!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。