パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「ストローク2」に続きます。

ーーーー
パッティングのドリル  メカニックスと感性を取り混ぜる(*1)

ショートゲームの練習計画を立てる際は、パッティングの練習のために以下の4つの特定の要素を考慮することをお勧めする。

つまり、
(1)4フィートから最長6フィートまでの、ワンパット圏内のショートパット
(2)6フィートから20フィートまでのミドルパット
(3)主として感覚とストロークのペース(*2)に頼る30フィート以上のロングパット
(4)ラインとストロークのペースの相関関係を理解するための、ボールが切れるミドルパット
である。

これらの練習に集中して以下に紹介するドリルで時間を費やす際に、カップではなくティに向かってパットすることの効用を見逃してはならない。

ホール(そしてホールアウトすること)から来るプレッシャーがなくなるため、技術に関する事柄にさらに効果的に集中できるのである。
ーーーー

*1:メカニックスと感性を取り混ぜることに関して究極の取り組みをしているのはJ・スピースではないでしょうか。
 長い距離では距離勘を活かすストローク、短いパットでは方向性に関して感性を十分に活かしたパットをしていると言えます。→「スピースと仮説1、仮説2」

*2:ここではいわゆるタッチの意味です。

一番難しいのは(4)で、それは曲がるラインではタッチはシビアになり、1本しかないということです。そして曲りがきつくなればなるほど許される誤差も小さくなるので難しいパットと言えます。
「もう少し強ければ、入ったの嘘」

そしてこの後には「絶対に乱れないストローク」が紹介されています。

!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

キンキラキンと輝く金曜日にしましょう!そして良い週末を!
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。