パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
D・レッドベターさんはその著書の中でオーソドックスな指導をなさっておられますので、続けさせて頂きます。
「グリップ」に続きます)

ーーーー
(いろいろなスタンスがあるが)私は体のラインをパッティング・ラインにほぼ平行に保って、比較的真っ直ぐに立つスタンスをお勧めしたい。(中略)

当然のことながら、パターフェースは自分が読んだパターラインに対してスクエアにする。

これは簡単そうに聞こえるが、パターの方向取りのお粗末なゴルファーはあまりにも多い。

だから、定期的に仲間に後ろに立ってもらい、狙いが正しいかどうかチェックしてもらうことだ。

次に、目がボールのボールの真上に来ているか確かめ(これは、鼻頭からボールを落してみれば簡単にできる)、両手を肩の真下に垂らす。

両肘が無理なく開いた状態にあり、左右の腕の内側の部分が胸の上部に触れている姿勢が理想的だ。

ここにおけるこうした”連結”が貴重な目的を果たす。つまり、腕と体を同時に動かして正しいストロークをすることを可能にしてくれるのである。

スタンスの幅に関する鉄則はない。膝をわずかに曲げることは必要だが、無理のない、下半身が安定したスタンスなら十分だ。

こうして姿勢が決まれば、安定した下半身に支えられた肩の上下運動と腕の前後の振りを伴った、上体によるストローク機能のコントロールが可能になるのである。

最後に一言。
ボールの位置はスタンスの中央より前(つまり左)にすること(*1)。

それによって、アップ・ストローク(*2)で捕える感じがつかめ、ボールは芝目に負けないオーバースピンがかかった、強い球足で転がるのである。
ーーーー

*1:ボールは左目の下、或いは更に少し左(前)が良いです。
   宮里藍がLPGAツアーで勝った試合では、左耳の下にボールを置いていました。
   (ご本人がそう意識していたかどうかは別として、、、)

*2:理想の転がりを得るストロークを発見したGreen Keeperの理屈と同じです。
   →「理想の転がりを得るストローク」

!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

エンジンに本格点火の火曜日、頑張りましょう!!
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。