パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「パッティングの原則」に続きます。

ーーーー
グリップは、手の平がクラブを挟んで向き合った格好になるが、両手は密着した1つのユニットとして機能することが大切。

最も普遍的なグリップは”リバース・オーバーラップ”として知られるもので、左手の人差し指が右手の指にかかる。

これは一般的に大きな安心感を生み、同時に左手首を安定させる役割を果たす。

このスタイルか、或いはその変形を採用する場合、或いは伝統的なバードン・グリップ(*1)にするか、それとも逆ハンドのグリップを試すにしても、いずれの場合もグリップはあくまで軽く握ること。

そうすれば、腕と肩に緊張を来さないで済むから、パットするときのフィーリングが維持できる。

両手の親指の付け根の肉厚の部分がグリップを押さえるが、この部分を通して受けるフィードバックに特別の注意を払うこと。 パッティングのフィーリングと方向は、ここに頼るところ大なのである。

両手は1つのユニットとして動くという点で、グリップの質は重要だ。

ストロークの中でそのような動きを可能にするという点で有効なヒントは、グリップを握る左手の位置を調節するという簡単なものだ。

まず、グリップを左手の平に深く収めてクラブを持つ。その後、グリップを左親指の付け根の肉厚部ににぴたりと付け、次に指をからめる際に、その握り方でパターが手の中にしっかりと収まったことを感じる。

ここでクラブを持ち上げてみると、指関節はほとんど見えないが、それが正しい握り方なのである。これを”パーム・グリップ”と呼ぶが、これによって左手首はストロークが終了するまで締まって真直ぐに伸びた状態(そしてパターフェースはスクエア)を維持するため、私はこのグリップを強くお勧めする。
ーーーー

*1:バードン・グリップとは、右手の小指を左手人差し指の上に絡めるグリップのことです。

レッドベターさんが仰るこのグリップが基本です。特に触れておられませんが、両手の親指の爪はラインに並行。両手の甲はラインに向くようにグリップすることも大切です。

長年やっていると、敏感な手は過敏になりあの忌まわしいイップスにもなりかねません。
そんな時は「実戦に強い万能型グリップ」をお試しください。

!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

マンデーは自信マンマンで乗り切りましょう!!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。