パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
カップインしなかったパットには3種類の原因があります。

1.ラインの読み違い
2.ストロークのミス
3.タッチ(距離勘)のミス

このうち、2と3は「ミス」と書いたように、完全に自分に起因します。

ストロークのミスというのは初心者を除いてあまりないでしょうが、ミスしたら自覚できるはずですね。「あ、引っ掛けた」とか、です。

尤も、こう言って言い訳にしておられる方も、、、(笑)。

これは、日頃からストローク練習をして、いつも同じようにストローク出来るように(即ち、再現性の高いストロークを身につけるように)すれば良いわけです。

距離勘は良かったか、悪かったかは結果を見れば分かりますし、その前にインパクト時点の音や感触で分かります。

これも日頃の練習で、距離勘を高める必要があります(*1)。

いずれも自責、明確に分かります。

それ以外は1が原因です。

これは練習できないですね。
ライン読みに習熟して完璧に読んだとしても、ライン上に思わぬ砂粒が有って、蹴られたなんてこともありますから、不可抗力の原因です。

この場合は、他責と考えて単純に諦めるのが後へ引きずらない最良の対処方法です。

D・ストックトンさんも「無意識のパッティング」(吉田晋治訳 青春出版社刊)のなかで次のように書いておられます。(一部の抜粋です)

ーーーー
(ミスしたら)最初に、ラインの読み違いとストロークのミスを区別しよう。

経験を積んでゆけば、これはどんどん簡単に出来るようになる。

私の場合、自分で思い通りにボールを転がせたときは自分で分かる。

そうであれば、複雑なラインで思った以上に切れたり切れなかったりしても諦めがつく。

注意を払うべきなのは、ストロークのミスが原因で外れた場合だ。

この場合、何かを変える必要がある。
ーーーー

ストックトンさんは何かを変える必要と書いておられますが、必要なのは上に挙げた2と3ですから、日頃の練習が必要ということです。

*1:距離勘は現場経験を積むことも必要ですが、宅練でも良くする方法もあります。
   →「変動基準法」

!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

今日はハナキン、皆様良い週末を!
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。