パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
昔、「右打ちの人は利き目が左のほうが上手くなる」と言われて、私はがっかりしたことを今でも忘れません。

そうです、私は右打ちで利き目は右なんです(笑)。

今季賞金女王のイ・ボミは右打ちで利き目は左ですね。

そう公表されているわけではないですが、ショットのときにシャフトをかざして方向を確認するときに右目を瞑り、左目だけで見ていますから間違いなく利き目は左だと言えます。 
 
(人は片目だけで見る場合、本能として利き目を開けます)

左の利き目が有利な根拠を探しても見つからないで今に至りましたが、パットの神様は次のように仰ってます。

「パットの神髄」(青木功著 三笠書房刊)から省略して引用させて頂きます。

ーーーー
(パットは)クローズスタンスが有利だと思っていたのだが、このスタンスでは右足を後ろに引いているために、利き目の右目(*1)でラインが見づらくなる。

そのせいか、私のスタンスはだんだんスクェアに近くなって、今では右足が少し前へ出るオープンスタンスになっている。

グリップの位置を変えずに打つようになって、クローズにしなくても強い球が打てるからだ。

ただ、あまりオープンにして利き目の右目でボールを見ようとすると、頭がボールの転がりを追って動き、ヘッドアップすることで体のスウェイを引き起こしやすくなる。

スウェイをすると、体の軸が動き、安定した球が打てなくなる。

特に傾斜では、球のブレが倍加されるので、ぜったい避けなければならない。

その点、利き目が左の人は、右目の人より視界が広いため頭はボールをそれほど追わずに済む。

つまり、スウェイしにくいからスタンスは好みでよいだろう。
ーーーー

*1:神様も右打ち、右利き目なんですね。安心しました((笑))。

それに、神様もスウェイをするもんなんですね。これには驚きました。

パットのときにルックアップするなと言われても、我々は人間ですからなかなかこれが守れないですね。
 「厚いインパクト」でUPしたようなやり方が欲しいわけですが、意識としては「ヘッドがボールを通過した」と確認してからボールを追うようにしたら良いと思います。

L・オチョアはインパクト後「2つ数えろ」と仰ってますが、ご本人も「この時間は気が遠くなるほど長い」、とも。

ルックアップ防止は、パットの永遠の課題ですね。

!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

水曜日はスイスイと年末仕事を片付けましょう!!
AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。