パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
インパクトの前にルックアップしてしまうと芯を喰ったインパクトが出来ず、方向や距離が狙い通りに出来ません。→「厚いインパクトのパット」

ボールを良く見る人はプロでも少ないと指摘なさるのはレッスンの神様、H・ペニックさんです。

「ハービー・ペニックのレッド・ブック」(H・ペニック著 本條強訳 日経ビジネス文庫版)に次のような一節があります。略して引用させて頂きます。

ーーーー
日本ではヘッドアップと言うようだが(私たちはルッキングアップと言う)、これは私が思うに、ミスショットの原因というより、ミスの口実にしている場合がとても多いのです。

酷いショットが出ると「あーあ、ルッキングアップしちゃったよ」という具合に。

しかし私は、ルッキングアップする前に、既にミスショットを招く原因があったと考えている。

というのも、私が生徒にボールを良く見なさいと言うと、彼らはそれだけをきちんとすればミスは起きないという考えに陥ってしまうからだ。

実際、ボールを打つときに、そのボールを良く見る人は、プロでは3人か4人ほどしかいない。

ベン・ホーガンも然り。

彼は私に言ったものです。
「ダウンスイングでは、ボールをどこかに見失っちゃうのさ」と。
ーーーー

B・ホーガンですら、こういうミスもあったんですね。

勿論、上記過去ログにUPしたように、ボールを「凝視」する方と「ボーっと見る」方がおられます。プロはどちらかというと後者が多いと思います。

しかし、ペニックさんの仰りたいのは、プロを含めて多くのゴルファーがボールを見ていないミスを犯すというご指摘と思います。

口実にしている場合が多いとの記述は、その前提としてそれだけルックアップするミスが多いということではないでしょうか。

「ルッキングアップの前にミスを招く原因」としては具体的に指摘はされていませんが、いろいろある原因の中で(ミスせずに打てるスキルを持っている方がミスするということですから)いうなれば「ボールから目を離す」という基本的なミスということを指摘なさりたかったのかな、と感じました。

それにしても「プロもそのようミス」が有り得るということに妙に安心感を得ますね(笑)。

!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

火曜日はカッカせずゴルフのように冷静に仕事を片付けましょう!!
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。