パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「S・スニードが語るパット2」に続きます。

ーーーー
長いパットの場合はカップの「付近」を狙って打ち、カップの近くで止まるようにした。

1m前後の返しのパットを打つのが嫌だったので、パットのタッチ或いは重さを感じて、正確な距離が出るようにした。

最近のパッティング理論には、入らないにしてもカップを50~60cmオーバーするくらいに強く打て、と教えるものがあるが、賛成できない(*1)。

私の知るパターの名手たちは決してそのような方法はとらなかった。

B・ジョーンズは、ロングパットでもカップの近くに止まるように打てば、カップインの可能性が3つに広がると述べている。

即ち、カップのど真ん中から入ることもあれば、左縁あるいは右縁から入る可能性があるということだ。

ところが強く打ってしまうとど真ん中だけとなる。

メジャーで優勝するようなプレーヤーは、たいていカップの「付近」に打つ(*1)。

今のプレーヤーで言えばニクラウスやクレンショーを思い浮かべるが、彼らのロングパットはカップに吸い込まれていく。
 彼らはカップそのものを目掛けて打っているのではない。
 カップの「付近」に打っているのだ。
ーーーー

*1:日本でも45cm位オーバーするように打てという言葉がありますが、ツアーのプレーを観れば分かりますね。
   ジャストタッチで打っています。

 45cm云々というのはD・ペルツさんの実験で得られた数字ですが、ペルツさんは「カップ周りを踏まれた」という条件で実験しているのでカップ周りがドーナツ状に凹んだ場合には45cmオーバーが良いという意味です。今は一般のゴルフ場でも良く整備されているのでジャストタッチで攻めるのが正解です。
 高麗グリーンでは45cmオーバーというのが正解ですね。

!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

皆様年末でお忙しいですが楽しい週末をお過ごし下さい!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。