パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「S・スニードが語るパット」に続きます。

ーーーー
個人的には、パッティングには3つの要素が必要だと考えている。

ストロークに対する自信、集中力(目の前の作業に集中することと、集中力の妨げとなるものを排除することの両方を含む)、そしてプレッシャーを受けた時にリラックスできること、の3つ(*1)である。

私の場合は、ストロークに対する自信の欠如、優柔不断さ、そしてマイナス思考がパッティングを壊してしまった。

いいストロークをしていても、突然イップス病に襲われ、うまくいかなくなってしまうのだ。

だがすでに述べたように、最初からクラブをスイングするのと同じよう感じのアーム・ストロークにしていれば、事情は違っていただろう。

私はパッティングにおけるメンタル面のアプローチについても多少のことを学んだし、上手にパットすることを人に教えることもできると今も信じている。

B・ジョーンズから、彼が平静化呼吸(深呼吸のこと)と呼ぶものが、心拍数を低下させるのにどれほど大きな役割を果たしているかを教わった。

おそらく私はパッティングのメカニズムにこだわりすぎたと思う(*2)。

グリーンを読むことに関しては、私はかなりのものだった。
大抵の場合、パッティングラインが良く見えた。

また、パッティングのやり方もなかなか良かったと思っている。

3m以内のショートパットの場合、私はカップ「そのもの」を目掛けて打った。
たとえば、ブレードをカップの左縁に向け、カップに狙いを定めてしっかり打つのだ。
ーーーー

*1:プロですから、ラインを読むことやストロークの再現性は高さ
   或いは距離勘の良さということを前提にこの3つが重要だと指摘しています。

*2:宮里優さんは「パッティングはメカが9割」と仰います。
   宮里藍がパットに苦しんでいます。
   彼女の場合はこういうところは習熟しており、現場では感性に任せるのが良いのではないでしょうか。
   あ、「charさん」「実戦に強い万能型グリップ」を宮里藍に使ってもらいたいですね。

!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

皆様今日はイヴ、存分に楽しみましょう!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。