パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
ショットでは厚いインパクトとか薄く入ったとか言われますが、パットでは聞かないですね。

厚いインパクトとは言いかえれば、しっかりと芯を喰った当り。
薄いとはその逆ですね。

厚いインパクトでのショットは真っ直ぐかドロー気味の強い弾道になり、薄い場合はスライスになります。

薄い当りは芯を喰っていないことが原因です。

これはパットでも同じ。
パットではそこまで弾道(転がりの向き)の違いが大きく出ないことやカップインしなくても別の要因とも考えることが出来るので気に付きにくいですね。

小田切洋一さんの実験でも大きくはないです。→「芯を外すと」

が、試しに大きな距離を芯を外してパットしてみて下さい。

かなり顕著な方向や距離の狂いが出てきます。

ですから、実験結果を問題ないと見たら大間違いと思います。
それでは肝心な場面でのパットが決まらないですね。

で、原因はルックアップが早いことです。
結果が気になって、インパクトの前に頭が上がってしまって芯を捉えていないことによります。

これはショットの場合とまったく同じですね。

どうしたらそれを防げるか。

確りとボールを見続けてインパクトを迎え、フォローでもその位置を保つことです。
我慢することがゴルフでは大切ですが、パットでも同じです。

しっかりとボールを見るという場合、凝視するように見る方とボーっと見る方がおられます。
これはどちらが良いとかいうことではなく、軸が狂わないことが目的ですからどちらでも。

昨日UPした女子プロのフォローの姿勢が参考になります。
「何故練習のように打てない?」

フォローは「低く長く出せ」と指導させる方(D・ストックトンや宮里優さん)やそれを意識されている選手(→「王様の流儀2」)の仰る意味も厚いインパクトを得るためのテクニックではないでしょうか。

!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

今日も充実した日曜日をお過ごしください!
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。