パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
石川遼が良いゴルフをしました(7○1△1□の-14)が、黄重坤がさらに良いゴルフをした(1◎5○1△の-15)と言えます。

黄が逆転でこの試合2012年に次いで2勝目です(-15)。

この日一時は石川に3打もリードされてましたが、童顔は少しも動じることなく淡々とプレー。

3位は片山晋呉(-11)。

最終組の3人の中では一番飛距離の小さい(→「3日目」)、まだあどけなさの残る最年少(23歳)が勝つのですからゴルフは面白いですね。

首位で出た石川が黄に#17(パー4)で追いつき、#18(パー5)で再逆転濃厚と誰もが見ていたと思います。

ところが黄は第2打(≒270yds)を右下≒3mという絶好の位置にON。

石川は左下≒10mにON。

二人に◎のチャンスですが、石川は≒1mのショートで○。

黄はこのチャンスをモノにしました◎。

結果的にはFWからのこの2打目が決め手になりました。

石川も「(黄は)全くスキがなかった」と脱帽です。

この◎パット。ゆっくりとしたストロークでしたが、転がりが良くボールは完全にラインに乗って真ん中から入りました。
黄のパットについてはJGTO初VのときにUPしました→「ミズノOPEN2012」

黄重坤はパット上手いです。
今季の平均パット数は1.7477でランク8位です。

あ、石川はこの試合レフトハンドローでストロークでしたね。

ずっと以前はこのグリップだったと聞いたことありますが、ひょっとすると回帰したのかもです。

このグリップのメリットは手首を捏ねないことです。順手に比べると距離勘とか繊細なところは多少犠牲になるというきらいはあります。石川は前者を採っていると言えます。

尤も石川も片山のように研究熱心ですから、これからもいろいろなグリップとなることも考えられますね。

↓(-_-;)ヤバイ、今週も毎日↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

皆様今日も良い1日をお過ごし下さい!
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。