パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
申ジエを1打差のリードで出た大山志保。

地元の利を生かして既に2005年、2013年に勝っています。

#1(パー4)で△としたものの、#2、3、4とパーで凌いでいましたが、#5(パー3)の手前花道からのアプローチをザックリとして△(眼が離れたようにお見受けしました)。

これで流れが切れたようにこの日はパットも決まらず、4△1○と落し2位(-1)。

逆に申ジエは着実に決めてきました。
この日6○2△と4打伸ばしてJLPGAメジャー初優勝を手にしました(-7)。

さすがLPGA賞金女王(2005年)、もと世界ランク1位(2010年)という実力を見せつけました。

「サイバーエージェント」「ニチレイ」に次ぐ今季3V目です。

大山はこの試合前に両手を傷めたせいか、パット練習に重きを置き、パットが冴えていましたが、最終日は小雨の影響もあったのでしょうか、同伴者のことは考えず「自分が勝つことだけを考えて」いましたが、不本意な結果に終わりました。

この日、納得の行くパットは#18(パー4)の≒2mのパーパット。
読み通りのラインに乗ったボールが真ん中から入ってガッツポーズ。
たった2mですが、余程嬉しかったのでしょうね。そんな1日でした。

このグリーンが好きと言う大山ですが、雨の影響もあってか最終日はそのグリーンを味方に出来ませんでした。

ここは南国だけに高麗の1グリーン。
微妙なアンジュレーションと芝目の影響でなかなか難しいチャンピオンコースですから、こういう結果になったと思います。

今回感心したのは「Green Virtual」というグリーン上の等高線をTVで見せてくれたこと。
TV画面ではとても分からないラインが視聴者にも理解できて(芝目は別ですが)素晴らしい放送と思いました。

こういうことは他のゴルフ中継でも是非やって欲しいものですね。

今季限りの長尺パターで最終戦に臨んだ吉田弓美子はホールアウト後、そのパターに感謝をしていました。吉田はノーマルなパターで今季勝っています。→「中京TV・BS2015」

アドレス時に頚骨を水平に構えるのは表純子と酒井美紀。
長年ツアーを戦う選手が前傾深く構える傾向にあると思ってましたが24歳の酒井もやるんですね。
なお、アスリートゴルファーの「sai」さんもご自分のフォームを自撮りされて頚骨水平と仰っています。
「頚骨水平?」 (saiさん、勝手に紹介してご免なさい

これはストレート軌道のストロークに良い効果をもたらしていると思います。

今季のJLPGAメジャー(公式戦)は4戦とも外国人選手の手に渡り少し残念な気もしますが、それだけ国際化が進んでいるわけでこれからも内外問わず多くの選手の活躍を期待しています。

↑(-_-;)ヤバイ、今週も毎日↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

皆様今日も良い1日をお過ごし下さい!
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。