パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
パットに型なしと言われてるので、入れば良いとパットのフォームを気にしない方もおられますが、そのままではスコアを良くするには限界があります。

ショットでスコアアップのためにスイングの型に拘るのですから、パットでも同じように留意したいものです。

パットの場合のフォームのポイントは2つ
①ストロークの再現性が高いことーー狙ったところへ転がり出させる技術
②自分のイメージを活かせるフォームーー感性を生かせる無理のなさ

こうすることで、気分よくラインに合わせてアドレスが出来て、距離勘も合うストロークが出来る。

そして①②が身についていると、緊張の場面のパットでも冷静に取り組むことが出来ます。

「型なし」と言われてきたのは、②に偏重した考え方の結果ではないでしょうか。

①は、軸を意識したストロークをすることや、手を使わずに肩の上下動だけでストロークする(振り子式)ことで誰でも再現性の高いストロークを獲得することが出来ます。

とはいうものの、人間は肩を使わずに手で簡単にストローク出来るので、ゴルフを始めた時から現在までに手でストロークする癖が身に付いてるので、振り子式のストロークを身に着けるまでにはそれなりの練習で習熟する必要があります。

「ゴルフツアープロコーチ摩季れい子」さんのブログに、パッティングのフォームについての素晴らしい記事を見つけましたので紹介させて頂きます。

(ストロークで)手の感覚が強く、上手くタッチと方向性が極められないストロークをしていた方のこれまでのストロークのフォーム(それが→「これまでのフォーム」)と現在取り組み中のフォーム(→「凄くイメージの高まる構え」)がそれです。

(リンク先のタイトル名は一部変更させて頂きました)

ゆとりのない姿勢から手でストロークするのでぶれて距離勘が合わず転がりの弱いパットから、懐の広い構えになり上体とパターが一体となり「自分の思った方向にフェースが出せる」ようになったと、このモデルの方が仰っています。(詳しくは当該記事をご覧願います)

やはり、「パットに型あり」ですね。

↑(-_-;)、引き続き↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

皆様今日も良い一日をお過ごし下さい!
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。