パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「パット&アプローチ上達の極意」ゴルフ・メンタル強化書(角田陽一著 実業之日本社刊)から一部を紹介させて頂きます。

本書は「ゴルフ・メンタル強化書」(マーシーさんが紹介されています)(*1)の1年後に出版された続編です。

ーーーー
ラインを読む場合、「縦読み」(ラインの後方から見ての左右の曲りを読む)が普通だが、この考えを変える必要がある。

横読みが先。その後が縦読み。

横読みとはボールとカップを結んだ線を横から読むこと。距離感を読む作業。

距離感を最初に読んで「曲がり方」はその後にする、という手順を鉄則にして欲しい。

こうすることで距離感と方向性という2つの要素を1つにまとめてゆく。

決めたタッチ通りに打ち出されたボールが、読んだとおりに左か右に曲がりながらカップに近づいて「入る」、という立体的な転がり方のイメージをつくる。

なぜ横読みを優先するか。
○左右の曲りより距離の前後のズレ幅のほうが大きくなりやすい
○左右の曲り(量)は転がり速度で変わる。
  タッチを先にしないと正確な曲がり方は決められない。
ーーーー

曲がるラインではラインは基本的に1本しかありません。これがパットの難しいところです。
(カップの大きさがボール径の≒2.5倍という事やジャストタッチであれば≒3.5倍までがカップインに許容されますが)

ですから、「ラインに乗っていた。もう少し強ければ入ったのに!」という事はこの許容範囲を除いては有り得ません→「もう少し強ければ入った、の嘘」
(強ければラインも変わってしまうのです)

あ、これは「曲がりの頂点を狙えの嘘」をご覧いただくと分かりやすいかも、です。

*1:「ゴルフメンタル強化書」「同2」「同3」「同4」

↑(-_-;)、引き続き↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

皆様今日も良い一日をお過ごし下さい!
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。