パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
渡邉彩香がプロの意地を見せ、最終組同組のアマを抑えてこの試合を制しました(-11)。

誰よりもこの試合でバーディーをたくさん取ると宣言していただけに有言実行で、この日は7○としています。3日間累計で16○。

4打差の2位は藤本麻子。更に1打差の3位に葭葉ルミ。

渡邉は今季これで2V。
ヤマハL葛城で早々に勝って以来、本調子でなかったですが、これで自信を持って残りの試合に投球できるのではないでしょうか。

しかし、この試合の主役は何と言ってもマンデーからの@畑岡奈紗さん(高2の16歳)。
初日、2日目を首位(T)で終えています。

最終日は4○5△と1打落しましたが(通算-4)堂々の7位Tフィニッシュです。

強みは飛距離ですね。
飛ばし屋渡邉彩香に勝るとも劣らない飛距離を持っています。

それにゴルフ始めて未だ5年。これからが楽しみな選手ですね。

プロを目指すなら、「ゴルフの才能は飛距離が一番」と仰るのは「ミッシェルパパ」です。

飛距離(スイングのHS)は持って生まれたところに大きく依存すると私(Green Keeper)も思います。

筋肉マンのようなゴルファーが必ずしもHSが高くないことや一見非力なゴルファーがえらいHSが高いことに驚いた経験が何度もあるからです。

畑岡奈紗さんは残念なことにパットが決まらず、それがもとで自分のリズムでプレーを出来ていなかったですね。

原因はタッチが合わなかったようにお見受けしました。ご本人のイメージより思いのほかグリーンが速く(*1)、これがために自分で良かろうと思うタッチでストロークしているのに、抜けてしまうという。勿論、打ち切れてないパットもありましたが、原因は同じです。

それにここ(武蔵丘GC)のグリーンはアンジュレーションも結構あるので、ツアーでは難しいグリーンの部類に入ると思います。こういうことにも影響されたのではないでしょうか。

それが重なることで、自分のリズムでのゴルフをさせて貰えなかったと言えます。

これからは飛距離を伸ばすことに並行してパッティングも磨けば、強いプロに成長できるように思いました。

*1:グリーンの速さは11feet(初日のデータ)でした。
   JLPGAのツアーでは特別に速くはないですね。
   今の時期、芝はそうそう伸びませんから、終日この速さが維持されているので、タッチに変調をきたすこともあると思います。

いつも応援有難うございます!
ランク上位定着を目指してます、今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

皆様今日も良い一日をお過ごし下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。