パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「ルーティンの設定5」に続きます。

「禅パッティング」の著者、J・ペアレントさんはパットした後もルーティンが必要と説いています。

ーーーー
入るはずだったパットが外れて頭にきたら、深呼吸をしてしばらく時間をとって頭を冷やすこと。

もう一度深呼吸したら、吸った息を全部吐き出し、感情のしこりをほぐす。

その後、どうして墓穴を掘ることになったのか、そしてなぜパットの通り道とペースの判断ミスをしたのか、客観的に反省してほしい。

失敗から学んだ後は、失敗を忘れることが肝要だ。

パートナーの邪魔にならない場所まで歩いてストロークの素振りをして、本来打ちたかったパットをイメージの中で再現してみる。

そうすれば、前のパットの対する否定的な考えは消え、次のパットを打つ際のテクニックに関する不安は解消する。

また、パットを見事に沈めて(中略)満足している場合は、自分に対して次のように語りかけることで自分のパッティングに対するプロセスに対して自信を深めることができるーー「妙な考えに囚われなければ、自分はいつだってこうやってパットできるのさ」つまり、質の高い結果を出すことこそ自分の通常のパッティングスタイルなのだというメッセージを自らに対して発信できるのである。
ーーーー

よく、パッティング(の結果)は後へ引きずると言いますね。

大概において、次ホールのティーショットへ少なからぬ影響を与えます。

J・ペアレントさんはそこまでは仰ってませんが、パッティングのミスは、そのホールで反省した上で、次ホールには持ち込まないために、パットの後のルーティンを提唱されているのではないでしょうか。

こういうところにも心理学博士ならではの心理分析と対策が配慮されていると考えられます。

「禅パッティング」はテクニック+メンタルの著書として買い求めましたが、読めば読むほどメンタルに関する好著という理解に至り、座右の書の1冊に鎮座しています。

いつも応援有難うございます!
ランク上位定着を目指してます、今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

皆様今日も良い一日をお過ごし下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。