パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
テレサ・ルー、渡邉彩香、イ ボミの最終組はイが元気なくテレサと渡邉の一騎打ちの展開でした。

一時(#14終了後)は2打差まで追い上げましたが、結果はショット、パットの総合力・安定性に勝るテレサの勝利(-13)。

この試合、テレサの完全V。

圧巻は#16(パー5)、左FWからの≒220ydsを奥に乗せ、下り≒4mを真ん中から落とし込んでいます。これで◎(-14)。

このホール、渡邉は左下に外して上手くリカバリーして乗せたものの、これを決めきれずにパー。

この時点で4打差。この後#17(パー3)でテレサが△、#18(パー4)では渡邉が△。

渡邉は-9で2位。
この日はアイアンが左へ引っかかり、チャンスがピンチにという場面がたくさんありました。

飛距離の大きいだけに、これからに期待がかかる選手ですが、この日はマネークイーンレース先頭の二人と同組で、自分の課題をたくさん得たものと思います。

これからの成長が楽しみです。

最終ホールは過去数々のドラマを生んだ名物ホール(左手前のバンカー土手が直角に切り落としてある)ですが、こういう難しいホールでもしっかりとパーで収めるテレサには感心します。

前日5○ノー△だったイ ボミはどうしちゃったんでしょうね。
賞金女王が濃厚な先頭ランナーなので、少し気が緩んだのでしょうか。

テークバックでのゆっくりなスイングは変わってないですが、ダウンではいつもより少し速くスイングしていたように感じましたが、、、(普段はダウンでもゆっくりスイングで、インパクト以降で加速するイメージで、これが彼女の飛んで曲がらないスイングと考えてるのですが、ほんの少しの狂いでこれだけの差になるのかな、と感じました)。

この日は良いところなしって感じでした(1○3△の-2、3位から12位Tに後退でした)。

テレサはこれで「ダイキン」「リゾトラ」「NEC軽井沢」「日本女子プロ」に続き通算5V。

勝利数ではレース先頭を行くイ ボミに並びました。

この試合、2012年に成田美寿々が勝って(「富士通L2012」)以降は外国人選手にVを明け渡したままです。

「富士通L2013」はイ ナリ、「富士通L2014」はアン ソンジュ、そして今回のテレサ・ルーです。

この試合、善戦したアマの高校生4人は先輩プロの皆さんから多くを学んでいると仰ってます。

プロの皆さんはテレサ・ルーやイ ボミから学ぶべきことがたくさんあるように思います。

日本人プロ選手の皆さん、頑張ってください!

いつも応援有難うございます!
ランク上位定着を目指してます、今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

皆様今日も良い一日をお過ごし下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。