パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「ルーティンの設定4」に続きます。

ストロークすることも、J・ペアレントさんにかかればルーティンとなります(笑)。

アドレスのルーティン(=「ルーティンの設定4」)に続き、「パットをストロークする」と、この一節は続いています。

ーーーー
パットのラインとペースに確信を持ったら、眼下のボールを見るときに視線を和らげる。

パットの通り道をしっかり認識し、ロングパットの場合はホールのイメージと自分の周辺視野で見た実像を融合させる。

和らぎの感覚が目から肩を通って腕と手に緩やかに下りていき、体中の緊張がほぐれていく感じを味わってほしい(*1)。

安らぎを感じるためのもう一つのステップとして、深く吸った息をもう一度完全に吐き出すゴルファーもいる。

パターは出来るだけ自然に振る。まるで腕が自らの意志でパターを振っているような感じだ(*2)。

フィニッシュの姿勢を1秒間だけ維持(*3)したら、首を回して(*4)ボールがどのように転がり出したかを確認する。

これまでに紹介したすべてのルーティンの中から、読者自身にとって最も役に立つ組合せを選んでいただきたい。いずれも絶対的なルールではない点を付記しておく。
ーーーー

として、この後がまだあります。パット後のルーティンですね(これは別の機会に)。

*1:こういう記述は、タイトルの「禅パッティング」ならではですね。この著書がパットのテクニックもさることながら、メンタルやルーティンを重視しているのがご理解頂けると思います。
 私(Green Keeper)が、イップス気味の方にお勧めするのはこういうところにあります。

*2:この感覚は「新振り子式ストローク2」でUPした感覚に近いですね。

*3:L・オチョアはインパクト後「2つ数えろ」とその重要性を指摘しています。

*4:フィニッシュしてから1秒間はルックアップするな、という事ですね。
  それも、首を回せという事は軸を維持したままにしなさい、の意味でもあります。
  テクニックの問題ですが、基本的なことはバッチリと指摘しています。

いつも応援有難うございます!
ランク上位を目指してます、今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

皆様今日も良い一日をお過ごし下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。