パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
パットのルーティンとして、ボールに書かれたナビラインを正しく有効に使っている李京勲のことをUPしました。
「ホンマカップ2015」

「べー」さんから頂いたコメは
「ターゲットにナビラインを合わせるのは難しいですね。アドレスに入ると、また違和感。

何回も置きなおして待たせるのは心地よくないし、ルーティン化しないと、リズムが狂ってしまいますね。

石川遼君をはじめ、ナビラインを入れているプロもよく見ますが、シャフトで確認している人を見ないと思うのですが、他のプロはどうしているのかな??

少しやったこともあるのですが、芝の影響もあり、定規を置いたようにキッチリ置けない事も。

本能と近めのスパットで、ナビラインを無視して、ボールをセットしたりもして試行錯誤し中です」
というものでした。

実は、私(Green Keeper)も似たような考えをして色々と迷った時期もありました(*1)。

このコメのように打出し方向にボールのナビラインを合わせるのは簡単ではないからです(*2)。

使うからには自分が納得するラインに合わせたいし、そうすると時間がかかってしまうので、ゴルファーとしての矜持が許してくれないし、という気持ちが強かったからです。

それで考えたのが、事前に打ち出し方向をセットしておくことです。

打順の来る前にパッターの邪魔にならないようなタイミングで、マーカーの↑(*3)を自分の打出し方向に向けてセットしておきます。

打順が来たら、その↑の向きにボールのナビラインを合わせて置くだけ。

これですと、時間は全くかかりません。

なお、ボールの打出しラインに対してナビラインを合わせるのが一般的ですが、「kisho shen」さんは「カップに向けてナビラインを合わせ、打出し方向は自分のイメージで補正」する方法を採用されていて、これが奏功しているそうです。

ナビラインの使い方もいろいろあるんですね。

*1:その頃はパットでは使用せず、ティーショットのときに打ち出し方向にナビラインを向けて使っていました(これは初めてのコースなどで風景に騙されるOB防止に役立ちます)。

*2:李京勲はその確認のためにパターシャフトの稜線を合わせ、必要ならナビラインの方向を修正していました。

*3:暫く前から↑(矢印)の入ったマーカーが売られています。
   私は米軍のメダルで戦闘機のノーズを↑(矢印)代わりに使っています。

いつも応援有難うございます!
ランク上位を目指してます、今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

皆様今日も良い一日をお過ごし下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。