パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
あ、「金蔵」さんが最近「ルーティンとは何者か①」「ルーティンとは何者か②」という記事をUPされています。

プロによるルーティンの本質を捉えた驚愕の記事ですね。
是非ご一読をお勧めいたします。

で、「ルーティンの設定3」に続きます。

アドレスのルーティンについてJ・ペアレントさんは次のように続けます。

ーーーー
パターフェースをパットの通り道に対して直角にして、ボールの後ろに置く。

体を少し前傾させて適正な背骨の角度を設定し、両足を正しく広げてスタンスを取る。

意図したボールのペースに合わせて視線を走らせながら、カップまでのラインをもう一度見る。

自分が選択したラインと転がりのペースを信じてパットする決意を固めるのは、この段階だ。

その時点でためらいを感じているようなら、一歩退いてスタンスの姿勢を崩して、不安を振り払うように努めること(*1)。

もし、それでも不安が残るようなら、パットのラインを見直して自分の読みを信じ、アプローチやアドレスのルーティンに戻って欲しい。
ーーーー

ここではナビラインの活用は書かれていないですが、打出し方向にアドレスするためには、それを使うことが有用です。アドレスに入ってから躊躇することがなくなります。
「ホンマカップ最終日」

パットにあたり、躊躇や疑念があったら、ミスすることの確率を増やすだけと思います。

ペアレントさんにかかると、「パットの動作が全てルーティン」のような印象を受けますね。

パットが一番ストレスがかかる場面が多いわけですから、そういう邪念(入れたいとか、外したくないとか)に囚われないでスムーズにパットするためには、一連の動作をルーティン化するという事ではないでしょうか。

*1:いわゆる「仕切り直し」ですね。

お断り:「mikappe」さんへのコメ返で深呼吸のことを書きましたが、これは金蔵さんの記事からの引用(後智恵)ではありませんよ(笑)、私もオリジナルにやってきています。

いつも応援有難うございます!
ランク上位を目指してます、今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

皆様今日も良い一日を、そして良い週末をお過ごし下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。