パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
ラグビーの話ではありませんm(u_u)m。
五郎丸には最後にキックで登場いただきます。

チョン インジが冷静な試合運びで「日本女子OPN」を制しましたが、その記事で①メンタルの強さ②ルーティンの大切さを知らしめられたと書きました。

今日は②です。

チョン インジの勝因として、「やっちゃん」さんから、コメ頂きました。

「今回はマネージメントだと思います。4Rとプレーオフの18番で菊池絵理香ちゃんは、ティーアップを4Rとプレーオフ最後はセンターに取りました、その2回は右に行きボギー、その他はティーの左に取りナイスショット。に対してチョン インジは全てティーグラウンドの右から打ちました。ポイントはソコだと思いますよ^^v」と。

即ち、菊地の敗因をマネジメントのミスという見方です。

私は、それもそうだが、菊地が確立したルーティンを持っていないことが敗因ではないかと考えながら見ていました。

対してチョン インジはショットもパットも全てにおいて自分のルーティン(*1)を必ず実行していました。ルーティンを実行することで、自分がこれから行うことに対して自信を持ち、不安なく、スムーズに何も考えずに没入できるのが、ルーティンです。

あ、一度だけルーティンをやらなかった時がありました。

それは、プレーオフ4ホール目のパーパット。真下からの2m(報道では3m、と)のパット。わずかにショートしましたね。これで△。

この時だけはルーティンをやっていませんでした。だからショートした、と私は見ていました。

これで、菊地がフックラインの≒1.5mのパットを入れれば、同じく△というところでしたが、それを左に外しました。
 ご本人はタッチが弱かったと仰ってました(事実その通りです)が、事前にルーティンとしての素振りで、タッチを確認していれば、入らない距離ではないです。

3日目に、菊地は67というズバ抜けたスコアでした。パットもショットもチョンに勝るとも劣らない実力を持っているということではないでしょうか。

問題は、菊地がその力を緊張の場面で出せなかったことにあると思います。

菊地はパットに限らず、ショットでも、これが菊地のルーティンというものを持っていないようにお見受けします。

やることは簡単で、不安を一掃するルーティン。ぜひ取り入れて捲土重来を期して欲しいと応援しています。

*1:チョン インジのパットのルーティン
   アドレスに入る前にボールの後方からカップ方向に正対して2回の素振りで最終的に距離勘を確認します。それからアドレスに入るのが彼女のパットのルーティンです。

①と②は車輪の両輪で、お互いに補完もしていると思います。

即ち、自分のルーティンを確立していれば、自身のメンタルにも影響を受けない、と思います。
①と②を両立させているのが、チョンインジ。菊地との違いはこれだけです。

私(Green Keeper)は、アプローチ・イップスを患い、苦難の道を余儀なくされましたが、この①と②がしっかりしていれば、イップスに陥らなくて済んだ筈だと今は思えます。

で、五郎丸ですが、彼は「練習で出来ることを試合でも出来ること」を目標にして来ていて、それを見事に実現しましたね。

以前から彼のフリーキックのルーティンは、「印を結ぶ」独特のものです。外国人選手から見たら奇異に映るルーティンですが、彼はあの動作の中で精神統一を行うと同時に、ボールの軌道をイメージし、助走の方向やキックポイント、必要なキック力の強さなどを計算しています(これは私の想像です)。だから、不安も生じない。入らなかったらそれは自分の力が及ばなかったと割り切れる(これも想像です)。

だから、思いっきりボールを蹴り抜いていました。
合わせに行く(蹴り抜けない)という不調を克服しての快挙ですね。

ゴルファーも五郎丸のルーティンは参考にすべきではないでしょうか。

なので、私もルーティンとして印を結んでから、ショットに入ることにします(冗談です)。

いつも応援有難うございます!
ランク上位定着を目指してます、今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

皆様、今日も良い一日をお過ごし下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。