パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
この日の朝、練習仲間にキム ハヌルが勝つよと言ったのですが、エンジンのかかりが遅かったですね。

このまま終わってしまうかとの懸念もありましたが、やはり13年14年の韓国賞金女王の力を発揮してJLPGAツアー初優勝です。

決め手となったのはあのスマイル(冗談です)。

酒井美紀が#15(パー)で2mの左下からのパットを○として(-12)抜け出したものの、#16(パー3)では左のバンカーから左上2mに乗せたのですがこれを左に外し、返しも左に外すというミスで□(-10へ後退)。

キム ハヌルは#15(パー5)の手前≒1.5mのパットを○。

決め手となったのは#16(パー3)のパット。

上りのフックライン≒8mで、これは決められないなと見ていたのですが、何と真ん中から入りました(○で-12)。これで単独の首位に躍り出て、#17、#18(ともにパー4)を無難にパーとしてVを手繰り寄せました。

キム ハヌルのパット。正統派と言えます。

スクェアにアドレスしてボールは左目の下。

フォワードプレスしてからテークバックに入りますが、振り子式のテンポはゆっくり。

何とも言えない信頼感を醸し出すパッティングです。

但し、右手でコントロールしているような動きも見られましたので、この辺りは未だ改善の余地があるように思いました。

距離勘も良いですね。

1打差の2位に松森彩夏と申ジエ(昨年の覇者→「マンシング2014」)。

更に1打差の4位には横峯さくらと酒井美紀でした。

今季が日本ツアールーキーのキム ハヌルはこれからも活躍しそうですね。

技術的な完成度の高さに加え、ラウンド中に絶やさない笑顔。

これが自身を崩さないためのメンタル強化策かも知れませんが、また一人強豪選手の台頭と思うのは考えすぎでしょうか。

女子ツアーの終盤戦が更に面白くなってきました。

いつも応援有難うございます!
ランク上位を目指してます、今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。