パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
#17(パー3)でテレサ・ルーがグリーン手前の池にダイレクト。グリーン側から零れ落ちたのではないので、このショットは15yds近くショートと言うことになります。

これでテレサのVは危ういな、と思う間もなく第3打をピン奥≒1mの乗せてくるのですから、ショットが相変わらず冴えています。1パットで決めてこのホール△で踏ん張りました(通算-6)。

このホールは上田桃子もイ ボミもパーで、それぞれ通算-5と-4。

この前の#16(パー4)でテレサが左下からの≒3mを入れて○(この時点で-7)、イは≒20mのパットを左≒2mに付けるもこれを外して△(この時点で-4)。上田はティショットが右バンカーの顎近くに入り、このボールを右ファーストカットに、そこからのアプローチを左上≒2に付けてこれを沈めてパー(通算-5)。---終盤では#16、#17ホールのスコアが勝負の大勢を決しました。

#18(パー4)ではオナーの上田は右バンカー。ここからFWを経て左上≒1.5mに乗せてパー。
イは右カラーから左≒1.5mに乗せて同じくパー。
テレサはFWからの第2打を左上≒1mに乗せてワンパットの○、再び-7に戻して勝利を手にしました。

2打差の2位は酒井美紀と上田桃子。

4位は更に1打差でイ ボミでした。

この試合、昨日もUP(→「日本女子プロ3日目」)しましたが、数字上のグリーン設定はメジャーとも言えないくらい平凡ですが、数字で表せないグリーンの起伏が至る所にあることから、ピンポイントで止める攻め方が出来ないとチャンスが来ないというグリーンで難度が大変に高くメジャー仕様に仕上がっていました。

JLPGA史上最長コース(6735yds)でこういう設定ですから、ショットの正確さ(方向性と縦の距離)を持つ選手が有利。メジャー制覇に相応しい選手ということになりますが、そのテレサ・ルーが逃げ切りました。

こういうグリーンでは足裏に感じる傾斜からアドレスの向きやインパクトの打点が微妙に狂うものですが、いかなる場面でもテレサのそれはゆっくりしたリズムが保たれていて付け入る隙がなかったですね。

テレサは今季これで4勝目で通算8V。
→今季Vは「ダイキン」「リゾトラ」「NEC軽井沢」
うちメジャーは「日本女子オープン2014」に次ぐ2Vです。

いつも応援有難うございます!
今日は何位でしょうか、↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。