パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
J・ペアレント著「禅パッティング」(塩谷紘訳 ベースボールマガジン社刊)に「自分の癖を知ろう」という一節があります。

要旨を引用させて頂きます。

ーーーー
誰でも、プレーのスタイルに深く刻み込まれた癖があり、修正してもその効果は長続きしない。

どんなに矯正しても、時間が経つうちに少しずつ昔の癖が出てくるものだ。これはその変化に気づかないほど小出しに起こるため、本人は何が起こっているか気づかない。

このような事態を改善するためには、我々が陥りやすい傾向を記録しておくことが、問題に対処するのに最も効率的かつ効果的な方法だ。

手帳またはカードを利用して「症状」・「原因」・「療法」の3つの欄を作り、パットが思惑通りに打てなかったり、パットがショートしたことに対する(想定される)原因と対策をリスト化して検討する。

ここでは仲間やインストラクターに原因究明の手助けを頼むのが良い。

(中略)

原因究明は上辺の原因だけを見てはならない。物理的な原因がある筈だ。

そして、あらゆる物理的な要因の背後には、更に深いメンタル・ゲーム的な要因がある筈だ。
ーーーー

たとえば、「頭残し」は出来ているようで現実には出来ていないことが多い症状ですが、原因として「ストローク中に体が動く」という事が想定されたら、療法(対策)としては「頭と体を動かさない」とか、「結果を見る前にフィニッシュの姿勢をしっかり取る」ということを記入しておけば、プレー中に症状が出ても調整は十分に可能なのだと結んでいます。

私も似たような経験があり、ゴルフ練習帳なるものを自作し、今もEXCELで続けています。

練習帳については→「ストロークのみだれ」にUPしました。

この過去ログにも書きましたが、今はクラウドの時代。
いつでもどこでもラウンド中でも(競技では違反行為ですが)自分の虎の巻(=療法)にアクセス可能です。活用なさってはいかがでしょうか。

いつも応援有難うございます!
今日は何位でしょうか、↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。