パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「再現性の高いストローク1」に続きます。

人間はロボットにはなれないし、M・ウィーのような極端な前傾も格好悪いという事になると、ではどういうストロークが理屈の上で一番再現性が高いのでしょうか。

既に(ストロークのフォームは兎も角として)再現性の高いストロークを身につけておられる方(*1)は以下スルーなさってください。

*1:→「パット功者の条件」で触れたように、
   それが科学的には理想的といえない型であっても、再現性はきわめて高いストロークは
   未熟な理想的ストロークを遥かに凌ぐ素晴らしい結果を得ることが出来ます。

1.アドレス
  オールスクェアが良いですね。
  何故なら、不調が起きたときにもその原因に(言い訳に?)ならないからです。
  オープンとかクローズだと、不調時にアドレスが原因なのか、他の原因なのかを
  見つけるのにも時間がかかります。

2.ストローク
  振り子式(ショルダー)ストローク
  これが一番再現性の高いストロークです。
  両腕とパターは動かさないで、肩の上下動でストロークします。
  手首も捏ねないでストローク出来ます。
  即ち、ストロークの軸は動かさず、肩の上下動ですので、変数は1つだけ。
  シンプルなので再現性が高い、という事になります。

  これはツアーの主流ですね。
  しかし、誤解もあります。(本項→続く)  

3.ボールの位置
  体の前後関係で見たら、両目線を結んだ、その真下。
  体の左右関係で見たら、左目の真下か、更に少し左。

いつも応援有難うございます!
今は何位かな?
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。