パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
以前「大切なのは2m」という記事をUPしました。

これは佐伯三貴が大事にしているパットの哲学(?)です。

ところが「禅パッティング」(J・ペアレント著 塩谷紘訳 ベースボールマガジン社刊)によれば、著者は2.5m前後のパット練習は(スタート前には)するな、と言い切っています。

一部を引用させて頂きます。

ーーーー
(多くのゴルファーが、練習の仕上げに)2.5m前後の真っ直ぐな平らなパットを何発も練習する。

この長さのパットを沈めればコースでスコアを縮めることが出来るから、一番練習する必要があると思ってのことかもしれない。

これを沈めればスコアは縮むという事に関しては、完全に同意見だ。どのようなパットも1パットで沈めれば、そのホールのスコアは少なくとも1打へこむ。

しかし私はこの長さのパットはウォームアップのルーティンに加えないように読者に提案したい。

理由は2つ

1.これは不要だから。
  この長さのパットは、ストロークを練習し、ペースの感じをつかみ、グリーンを読む能力を高める練習にとって不要なのである。

2.さらに重要なのは
  この距離は、きちんとパットしても入らない場合が多いこと。

PGAツアーで2.5mていどのパットが入る確率は≒50%にすぎない。

入れごろ外しごろのパットの≒半分をミスすることに費やすのは余り賢明なこととは思えない。

それとも読者は、パットが簡単に入りそうで入らなかった時のあの苛立ちを、記憶に留めておきたいとでも思われるのだろうか。
ーーーー

日頃の練習で2m位を繰り返して練習するのは効果的だが、スタート前の練習では、却ってストレスにもなりかねないですね。

その辺りを心理学者でもある著者は上手く指摘しています。

いつも応援有難うございます!
今は何位かな?
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。