パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
体力の優れている一部のゴルファーを除き、スイング中でもショットのグリップ・プレッシャーは高めずに握っておられると思います。

ゆるゆるグリップとか、小鳥を包み込むくらいのグリップとか言われるのがその代表例だと思います。

さて、ショットでもパットでもゴルファーは皆様、グリップ圧について遍歴があり、そのうえで現在のものに落ち着いているのではないでしょうか。

私(Green Keeper)は、(ぎゅっと最大圧力で握ったのを100%とすると)ショットでは20%、パットでは30%くらいで握ってきました。

20%、30%と言うのはちょっと大きすぎて、両者ともにもう少し小さいかもしれませんが、パットでのグリップがほんの少ししっかり目に握ってきたのは間違いないです。
(人様にグリップ圧は?と聞かれたときには≒30%と答えてきました)

パットの場合が少し高いのは、しっかりとインパクト(パターの芯でボールの芯を捉える)することに拘っていたからです。

今はショルダーパッティングが主流で、その場合に手首を捏ねてしまうことは(ストロークの再現性を高めるうえで)致命的になります。

で、J・ペアレントさんの「手首を捏ねないエクササイズ」を引用させて頂きましたが、この記事に「あんちゃん」さんからコメントを頂きました。

ペアレントさんの言われるようなやり方をすることで「指使えないと 肩使うしかない感覚に なる気がします」とのことでした。

あんちゃんさんの感性に驚かされましたが、私もその感覚の再現に取り組んでみました。

この感覚は今までのグリップア圧では得られないもので、今までよりも指の力を抜きながら握ってストロークすると「肩でストロークする」ことが今まで以上にやり易く感じました。

私の感じでは、両手とも小指・薬指だけ10%くらいの圧力(これがホントの指圧?!)で他の指はすべて添えるだけと言う感じが、スムーズにストローク出来る秘訣のように思います。

こうすることで(ペアレントさんの仰る)手首を捏ねないで、かつスムーズに肩主導のストロークが出来ます。

肩主導でストロークするつもりでも、スムーズに行かない方は是非お試しください。

いつも応援有難うございます!
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。