パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
日頃ラウンドの少ない我々が、距離勘よくパッティングするには「変動基準法」が良いと提案しました。

日頃の宅練で距離勘を作っておけば、当日のグリーンスピードの絶対値がどうであろうと、対応できるという方法です。この方法は振り幅により距離をコントロールするというものです。

しかし、実際に長いパットの場面では距離が足りないという結果が多いため、これに踏み切れない方がおられるようです。

日頃は「タッチを良くするドリル」に取り組むことが大切ですが、打ちすぎて3パットになることが怖いせいか、ショートしてしまうという事になります。

そんな時には「肘から肩で出す」ことで、打ち負けないパットが出来ると思います。

ところで、出球速度(≒パターヘッドの速度)と転がり距離は2次比例の関係にありますので、ヘッドスピード(HS)を加味した距離勘はどうなるかと、「出球の速度と転がり距離」以来試してきました。

宅練は5mのカーペット上でやっていますが、これが有効のように思いましたのでUPする次第です。

即ち、「ライン中間での素振り」(2.5m)で素振りをして、2.5mを転がりださせるHSをイメージとして作ります。

次に5mの距離からのHSですが、距離が2倍ですから必要なHSは√2倍必要なので、2.5mの場合の1.4倍のHSが必要なことになります。

1.4倍と言うとイメージしにくいので、1.5倍のHSをイメージしてストロークすると距離が合ってくるように思います。

理屈の上では、振り幅(この場合もほぼ√2倍)での距離勘作りも、HSでの距離勘作りも同じなのですが、私(Green Keeper)の感じではHSをイメージしたほうが距離勘を作りやすいです。

これは私自身の新車効果かもしれませんが、お試しになる価値はあると思います。

いつも応援有難うございます!
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。