パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
首位Tで出た同組のイ ボミと李知姫(大江も同組)は終盤でマッチプレーさながらの激戦でした。

二人とも、優勝スコアは-15と読んでいましたが、上がってみれば二人が-14。

プレーオフ1ホール目は李にチャンス。
右ラフからの第3打を右≒1.5mにオン。

イは左ラフから右上≒8mに乗せて2パットのパー。

李のバーディーパットは出球が少し右に出て、ラインの途中で李は諦めの表情・しぐさを見せていました。このチャンスをモノに出来なかったので、流れは変わったと言えます。

2ホール目では李は右ラフからの第3打を右上≒5mに乗せたのに対し、イのFWからの第3打は右50cmという至近距離にオン。

李のバーディーパットは右下に外れて1m以上残り。イはこの50cmのバーディーパットを難なく沈めて決着しました。

イは今季これで「ほけんの窓口」に続き2勝目(JLPGAツアーは通算10V)。
早くも今季賞金が¥103Mとなりクイーンレースのトップを走っています。

かたや李は「PRGRレディース」に続く2勝目はなりませんでした(賞金レースでは≒¥43Mで6位)。

惜しかったのは、森田理香子。
#14(パー5)で長めのミドルパットを決めて○した後の#15(パー3)では右奥のピンに向かって飛んだドールは右下≒1.5mにオン。絶好のチャンスでしたが左に切れて○を逃しました。
その後#17(パー4)、#18(パー5)を○としましたが通算-13で1打足りずにプレーオフに残れませんでした(単独の3位)。

しかし、この日も前日の好調を維持していて5○1△という良いゴルフをしていました。

「3日目」にUPしましたが、イ ボミはティーショットからパットまでテンポが一定、リズムも狂うことなくスイングしています。
これからもこの調子が維持できれば、崩れるようなゴルフにはならないように思います。

3日目の森田も同様に良いテンポと狂わないリズムでプレーしていましたが、最終日は肝心のところでティーショットを左に引っ掛けていて、このロスが原因でプレーオフに残れなかったと言えますが復調していますので、これが維持できれば今季の初Vも近いのではないでしょうか(今季は現時点で、ダイキンオーキッドの2位が最上位フィニッシュ)。

いつも応援有難うございます!
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。