パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
終盤は首位(-9)で出た李知姫と3T(-6)位で出た申ジエの一騎打ちの様相でした。

#16まではともに-10で並んでいましたが、流れが決定的になったのが#17(パー3)。

申は右≒1.5にオン。李は右バンカーにつかまり、ここから右下≒2mに乗せてパー。

申はいつものゆっくりとしたリズムを崩さず、これをモノにしました(-11)。

#18(パー5)では両者ともティーショットにドラを使わず、申はFWバンカーの手前。
李はなぜかこのバンカーに。李はこの後ガードバンカーにも捉まりながらもパー。
申も上≒3のスライスをカップ左縁に蹴られてパー。

1打差で申はこの大会2連覇です。
昨年は完全優勝でした。→「ニチレイL2014」

李知姫もこの試合の勝歴があります。→「ニチレイL2011」

申ジエは今年日本ツアーの賞金女王を目指すと言ってますが、これで今季初V。
この落ち着きのある戦いぶりからすると、韓・米に続き日本マネークイーンへの道を邁進しそうな感じがします。

松森彩夏(-5の7位Tでフィニッシュ)のパットはこの日「自分のラインの読みと自分のタッチが合ってない」とアヤコさんが解説していましたが、申ジエとアンソンジュはその点では随一ですね。

二人に共通しているのは、ストロークがたいへんゆっくり行われることです。これで、自分の読んだライン上へボールを転がり出させていると思います。

くどいですが、読んだラインはタッチと相関します。

真直ぐなラインは別として、曲がるラインでは想定したタッチが実行されなければ、カップインはしません。
「もう少し強ければ入った!の嘘」

いつも応援有難うございます!
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。