パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「H・ペニックの練習」に続きます。

ペニックさんの著書では(話が前後するように構成されているので)次のように続きます。要旨を引用させて頂きます。

ーーーー
パットの名手と呼ばれる人たちのスタイルは様々だが、1つ共通したことがある。

それはバックスイングとフォロースルーの大きさが同じ(*1)。

パターはなるべく地面に沿って、低くヘッドを出したほうが良い(*2)が、既に良いパットを打っているのであれば、それを変えることはない。

ショートパットでは、ラインに集中すること。

私は腕と手首を使ったパッティングストロークが好き。しかし、とても長いパットの時は肩の回転を使うこと、またいつもより長いバックスイングとフォロースルーを取る必要がある。

左足カカト延長線上にボールを置く。この時、両足をラインに対してスクエアに置くことも大切。
ーーーー

*1:バックスイングとフォロースルーの振り幅の比についてはいろいろな考え方があります。
   ペニックさんが言われるように1:1と仰るのは清元登子さん。
   「左右対称のストローク」がよいと指導されます。
   しかし、J・ニクラウスはインパクトで加速するほうが良いという方もおられます。
   加速してインパクトを迎えれば、フォローのほうが大きな振り幅になります。
   →「加速のインパクト」
   また、青木功のようなストロークではフォローのほうが小さくなります。
    青木のストロークは真似のできない例外かもしれませんが、、、。

    いろいろ試してみて、距離勘の出しやすいストロークにするのが宜しいと思います。

*2:フォローを低く出せと言うのは、宮里優さんやD・ストックトンも指摘しています。
   これも過剰に意識することは無いと思います。
   振り子式のストロークではフォローは自然に任せる(上がる)のが良いと思います。
   宮里藍も米ツアーで勝っている時には、フォローは自然に上がっていました。
   →「アッパーにストローク」

   振り子を意識してストロークすればフォローでは自然に上がります。
   →「理想の転がりを得るストローク」

いつも応援有難うございます!
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。