パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「集中して何も考えない」に続きます。

H・ペニックさんはパットの練習について、次のようなやり方を薦めています。

ーーーー
練習するときは、グリーンの平らなところか、少々上りのところを選ぶこと。

私(ペニックさん)は昔からよく言われている「ネバーアップ、ネバーイン」という言葉が嫌いだ。

もちろんカップに届かないボールは入らないが、カップを通り過ぎたボールも入らないのだ。

私はカップで止まるパットが好きだ。そんなパットはときどきポトンと入るから。

ところが強く打ちすぎるとカップに当たって外に飛び出してしまう。要するに、ショートするのと同じくらい行きすぎてミスする。

強すぎるパットの入り口はたった1インチくらいの大きさしかないが、カップで止まるパットにとっては、カップは4インチの大きさがあるかのようだ。

さらに強く打ってカップの3フィート先に行ってしまうよりも、1フィートショートしたほうが、よっぽど簡単に次のパットを沈めることが出来る。

ショートした最大の理由は、弱く打ったからではなく、パターのスィートスポットで、スクエアにボールを打たなかったことにある。

私はネズミのように、ホールにスルッと入るパットを見るのが好きだ。
ーーーー

「パットは≒40cmオーバーするようなタッチで打て」と言うのが今や定説ですが、この原点はD・ペルツさんの実験によります(「パッティングの科学」D・ペルツ著 児玉光雄訳 ベースボールマガジン社刊)。

但し、ぺツツさんの実験は、著書の中でも触れている通り、カップ周りが(カップを拾い上げるゴルファーが踏むので)ドーナツ状に凹んでいるからで、それをクリアーして入れるには40cmのオーバーが、最も確率が高かったというものです。

最近の日本のどこのゴルフ場も、そんなに踏み荒らされていることはないので、40cmそのものを考え直してみるのも良いのではないでしょうか。

ペニックさんの言われるジャストタッチのパットをやっておられる方に先日お会いしました。

この方はHDCP=4でストロークは再現性の高いフォームをしているのは勿論ですが、タッチが良いのに驚きました。で、日頃の練習について聞いたところ「毎日、宅練でカップ直前で止める練習をしている」とのことでした。

プロの方でもこのような練習をすると仰る方がおられますが、ペニックさんのいう事も現場では効果が高いように思います。

いつもの応援有難うございます!
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。