パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
昔、ショットについてJGAの指導員の方から「フォローで左肘を早くたため」と指摘されたことがあり、スイングがおかしくなったことがあります。
 この方は幼少のころからゴルフをされて来られたので、フォローで十分に左腕が伸びるということを前提に、この指摘をしてくれたのだと今になって理解できています。

しかし、私のように社会に出てからゴルフを始めた日曜ゴルファーには、「左肘はフォローで十分に伸ばせ」と言うことのほうが効果は高いと思います。いかがでしょう。

マスターズ覇者のJ・スピースはショットのフォローで、左肘を引きますが、あれはコントロールショットとしてポイントを狙うがための高等技術だと思います。
これについては「クロノ」さんが指摘しておられます。→「ルーティーンに求めること」

(閑話休題)

パットで、距離勘が合わない。これは大概ショートではないでしょうか。
理由は2つあるように思います。
1.オーバーしすぎて3パットになることが怖い。
2.距離勘を作っておきながらもいざ本振りするときに、それが出来ていない。

折角、素振りして距離勘を作っても、本振りでそのイメージ通りのストロークが出来なければ、距離勘は合わないですよね。

その原因の一つとして、フォローで左肘が緩んでしまうことがあります。

手首を捏ねるなと言われてるので、手首を捏ねないのですが、肘が引けてしまっては、方向も距離勘もイメージ通りにはゆかないと思います。

では、どうするか。
フォローで左肘を引かない(曲げない)でしっかりとフィニッシュまでヘッドを出すことです。
怖さに打ち勝って、これをすれば距離勘は相当改善されると思います。
フィニッシュまで、力感を変えないで繰り返し練習なさってみてください。

ツアープロコーチ「タマティー」さんは方向と距離勘をよくするために、グリップと手首の間にボールを挟んでストロークすることを勧めています。
「グリップで二刀流」

このドリルも考え方は同じでものですね。

J・ローズのストローク(→「チューリッヒ選手権」)をイメージしてみて下さい。 彼はフィニッシュまで、ロボットのように手首も肘もアドレスの形のままでストロークしています。

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。