パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「D・ビーマンの洞察力1」に続きます。

ビーマンの言葉「調和」という裏には、1つのことが出来てもそれに伴って大切な別の動きが出来なければ、ゴルフの動作としては完璧ではない、ということがあるように思います。

おまけに、ゴルフの求める人体の動きは、人間の本来持っている動きとは異なるため、ゴルフを難しくしている事もあり、彼の言葉には耳を傾ける価値があるように思います。

ーーーー
パター・フェイスを出来るだけ目標線に対してスケアに保つことは、グッド・パッティングの基本である。

私の意見では、腕と手首と手が1つのしっかりしたユニット(まとまり)を構成して、肩でパットを始めれば、パターヘッドのブレは最小限度に食い止めめられると思う。

私自身はいま腕とリストのコンビネーション・パットをしているが、もしも始めからやり直すとすれば、私は躊躇なくショルダー・ストローク(肩でのパッティング・ストローク)に変えるだろう。

即ち、私はゴルフ史上最優秀なショルダー・パッターであるボブ・チャールズ(*1)をモデルに決めるであろう。

もしもあなたがショルダーストロークを用いているとすれば、あなたのアドレスにおけるポスチャー(姿勢)は、ストローク中のあなたのパター・フェイスの「スケアネス」(直角度)に密接な関係がある。

あなたの上体がアドレスにおいて直立していれば、あなたはパターを振る際に、肩を水平に回さなけれなならなくなる。

もしも、あなたの腕と手とクラブが肩に密接につながっていれば、この水平的なターンの結果、バックスイングにおいて、クラブは目標線よりもインサイドに振り上げられるので、パターフェースはオープンになってしまう。インパクトやフォローではフェイスはクローズになる。

手でパターを操作しない限り、この両動作を防ぐことはできない。

パッティングの全動作中、パター・フェースを出来るだけ目標線にスケアに保つためには、肩でパットする人は腰から上体を少し前に曲げて、腕を体にぴったりと(*3)つけなければならない。

こうすれば肩は水平でなく、真っ直ぐな平面上を回すことが出来るとともに、パターヘッドをバックスイングでもフォロースルーでも、目標線に対してスケアに振ることが出来る。

そして、パターフェースがオープンになったり、クローズになったりすることを最小限度に防ぐことが出来る。(*2)
ーーーー

*1:振り子式(ショルダー)ストロークの元祖ですね。
  →「B・チャールズの振り子式1元祖」「軌道の意識不要」など、いろいろと紹介させて頂きました。

*2:これを完全に実行しているのがM・ウィーですね。
  →「独特のストローク」
  これを勧めた御父上は、ビーマンのこの記事を読んでいたように思います。

*3:腕(肘)を体にピッタリつけるということは、チトやり過ぎな感じがします。
   これはゴルファーそれぞれがご自分のやり易く且つストレートな動きになるような姿勢を見つける必要があると思います。

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。