パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「見たまま打て」に続きます。

距離を把握するには直角三角形で目標を捉えろ、と中井学さんは言っておられます。

ーーーー
距離勘(原文では距離感)を出すためには、実際にはボールを見ていても、頭の中ではカップを見ながら打つことがとても大切。

アドレスに入って、カップを見ながら打てば距離勘は出しやすいが、ミスヒットしたくないので、ボールを見ながら打つことになる。

この時、ボールに目を移しても、頭の中にはカップを見たときの景色を残しておき、その景色の中のカップに向かって球を打つようにする。

これが出来るようになれば、大きなミスはなくなる。

但し、距離が大きくなれば、このイメージ(カップのある景色)は消えやすくなる。

そこで、カップを見たときに、目とボールとカップを結んだ直角三角形をイメージする。

そして、カップからボールに目を移してもこの三角形だけはイメージの中に残しておく。

すると、ボールを見ていても、カップまでの距離をイメージしやすくなる。
ーーーー

この直角三角形をイメージするというやり方、mizu-toshiさんもやっておられますし、私(Green Keeper)もノールックのストロークを練習している過程で気が付きました。
「ノールックのパットまとめ」

但し、直角三角形をイメージする場合、私の場合には「目とボールとカップ」ではなく、「左耳とボールとカップ」を頂点としたほうがイメージがより鮮明になります。

目よりも左耳を1つの頂点にしたほうが、カップからボールへ目を移した時にもイメージがぼけにくくなるように感じます。

これは個人差があると思います。お試しになってご自分に合う頂点を決めればよいのではないでしょうか。

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。