パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
それまでは全然打ち切れていなかった李知姫の#18(パー4)のバーディーパット。

これを決めなければ、先に1打差先行で上がっていた鈴木愛に逆転で負けることになります。

≒10mはあるスライス。
開き直って臨んだようにお見受けしました。
これは誰もが入ると予想はしていなかったと思いますし、ご本人だって狙っているとは言え入るとは考えていなかったのではないでしょうか。
ただ、「ショートだけはしたくない」とストロークしたと思います。
ところがラインのど真ん中から入るのですから、ゴルフはわからないですね。

これで、-9で並びプレーオフ。

#18を使った1st hole、2nd holeとも鈴木は強めのパット。李は打ち切れないパット。
ともにパーで3rd holeへ。

ともにパーオンして
鈴木は左上≒8mからのスライスライン。これを≒1.5mオーバー。

李は右下≒7mからのちょいフック(ほとんど真直ぐ)。
これも打ち切れないのかな、と思っていたらカップイン。

李の今季初Vが決まりました。

百戦錬磨の李でも、この試合でパットの距離勘が合わずにいましたが、最後の最後で長いパットを決め、プレーオフでも最後には距離勘を取り戻してきました。

2012年中京TV・BSオープン以来の18勝目です。

しばらくパットが不調(打ち切れず)だった李ですが、パットの復調で勝ったのは前にもありました。
「2010年NEC軽井沢L」でもパットの復調で勝っています。

こうしてみると息の長い選手ですね。

鈴木のパット。良かったですね。見せ場もたくさんありました。
初優勝した(→「日本女子プロ2014」)時のようなパットで、今年も活躍してくれそうです。

1打差の3位には菊地絵理香と北田瑠依。

菊地は初Vに届きませんでしたが、今季ありを思わせる奮戦ぶりでした。

北田のパットも復調していますね、今季期待できるんではないでしょうか。

選手の皆さん良いプレーを見せてくださいました。
プレーオフも白熱した展開で興奮しました。
いやぁ、ツアーって楽しいですね。

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。