パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
パターをストレートにテークバックすることは慣れないうちはかなり難しいですね。

一般には外側にテークバックする方が多いです。
なので、ラインに対してカット軌道になるので、転がりの良いストロークにならない。
このことはボビー・ロックも指摘しています。
「トップスピンのパット②」

パットの上手い方のストロークを観察すると、このことに気が付かれると思います。

パター巧者の皆様の話を伺いましたが、その秘訣として(ターゲット・ラインに対して)「真直ぐ後方にテーク・バックする」事を挙げる方が多いです。

中には、「真直ぐに引ければパットは入る」と極論なさる方もいます。

確かに、真直ぐに引ければストロークとしては、まずミスすることは無くなります。

何故なら、真直ぐにテーク・バックされたヘッドは、そこから「芯で芯を捉える」意識を持って振り子式ストロークを行えば、必ずターゲット・ライン上を移動するからです(ダウンで打ち急いだりすると軌道は狂ってしまいますが)。

ところが、その事に気がついていない方が多いですね。

真直ぐに引くことを習得するための練習機が沢山売られていますね。
プロでも練習グリーン上に2本の糸を張ってその間を平行に通すように練習(彼らの場合は、その日のチェックという性格の練習だと思います)しています。

真直ぐに引こう、と言う意識でテーク・バックするとなかなか上手く行きませんが、テーク・バックを「少々上に上げる」という意識で行ってみてください。

勿論、実際に上に上げるのではなく、後方へ引くのですが、意識として「真直ぐ」と言うよりも「上へ」という意識でテーク・バックすると、不思議と真直ぐに引けます。

是非お試し下さい。

この、真直ぐに引ける、という事に習熟すると、パットは確実に良くなります。

しかし、この動作は「再現性」が悪いというか、筋肉記憶(*1)としてはとても脆弱なように思います。即ち、今日真直ぐに引けていても明日になればその保証はなくなってしまうというものです。

このことは、前述のプロのスタート前の練習でこのことに多くの時間を割いていることからも理解できると思います。

今日出来たからと言って安心するのではなく、毎日少しずつでも継続する事でラウンド前に如何に正確に真直ぐ引けるように出来るかが、そのラウンドの成績の鍵ではないかと思います。

*1:筋肉にメモリー要素はなく、実際には脳の記憶によります。
   今日やって出来たことは短期記憶。
   毎日同じように再現できるように長期記憶に納まるまで練習する必要があります。
   ここでは昔から言われている筋肉記憶と表現しました。

以上は、OCNブログ人へUPした記事(2006.11.27.)を、ブログ人のサービス停止に伴い再編してここにUPするものです。

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。