パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「トップスピンのパット①」に続きます。

ボビー・ロックのパットは、徹底的にトップスピンを意識していることが、彼の次のような言葉からわかります。その関連部分だけを略して引用させて頂きます。

ーーーー
体重を平均に両足にかけてアドレスするが(両足の感覚は≒8cmと大変に狭い)、右足は左足よりも≒8cm後方に引いて、クローズド・スタンスをとっている。

その理由は、ラインの外側からボールをカット打ちすることを防ぐためである。
私は同じ理由で、ショットの場合もクローズに構えている。

ボールの位置は常に左足の親指の前に置く(*1)。

この理由は、ボールがこの位置にあればパターヘッドが最下点を通過して、アップ・スイングにかかろうとしているときにボールを捉えることで、本当のトップスピンを与えることが出来るからである。

ボールがもっと右にあれば、ボールをチョップブローで打ちたくなるかもしれないし、そうすればボールにバック・スピンないし、サイドス・ピンがかかってしまう。

私はアドレスではパターの先端にボールを添えるようにしている。
しかし、実際にボールを打つ場合はブレードのセンターで打つ。

何故そのようなアドレスを取るかというと、ボールを目標線(打ち出しラインの意)の外側から打つことを防ぐためである(即ち、カッと内を防ぐため)。

あなたは変に思うかもしれないが、パターブレードの中央をボールに添えてアドレスした場合、バックスイングにおいて目標線に対してアウトサイドにスイングする傾向にあり(*2)、その結果インパクトにおいてカット打ちになることが多い。
とにかくあなた自身でこれを試してほしい。

(私のようなアドレスすると)パット・ラインの内側にテークバックすることがより容易であると思う。

私がここで断言できることは、本当のトップスピンをかけるには目標線に対してインサイドにテークバックするしかない、ということである(*3)。
ーーーー

*1:アドレスの写真から見ると、この位置でボールは左耳の下にあります。
   頭の位置もトップスピンがかかりやすいアドレスです。

*2:ゴルフを始めた頃、このことでは誰もが悩みますね。
   ストレートにテークバックすることに習熟するまでに多くの時間がかかったと思います。
   これについては別稿でUPしたいと思います。

*3:これについて私(Green Keeper)は異論があります。
   ストレートの軌道でトップスピンをかけることは容易です。
   →「理想の転がりを得るストローク」

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。