パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
パターを一度も変えたことがないという、今や伝説的「ゴルフ史上最優秀なパッター」ボビー・ロック(全英OPN 4V、米ツアー13V)。

彼はパッティングにおける第一の目標はボールにトップスピン(オーバースピン)をかけることだといいます。(「パッティングのすべて」米ゴルフダイジェスト社編 上津原時雄訳 ベースボールマガジン社刊から一部を省略して引用させて頂きます)

ーーーー
オーバースピンをかける理由は
①トップスピンをかけれるプレーヤーは大抵距離勘(原文は距離感)を素早くつかむことが出来る。しかも毎日毎日同じようなフィーリングでパットを行うことが出来る。

②トップスピンのかかったボールは、スピードがあまり速くなければ、しばしばホールのドアサイド(側面)からカップインするものである。

 トップスピンのかかったボールがまっすぐ転がってゆけば、ホールには入口が4つある。

 弱いパットの場合はホールの真正面から、強い場合はカップの背(いわゆる土手)から、そしていくらか目標線からずれていてもカップの両サイドから入る可能性が残っている。

グリップでは、私は両手の親指をシャフト真上においている。

このような親指の位置はボールにトップスピンを与えるストロークを可能にする。
これと同様に重大なことは、このような親指の位置は、パターフェースを開かずにテークバックを可能にし、しかもダウンストロークにおいても、パターフェースは目標船に沿って直角にボールを打つことである。
ーーーー

弊ブログでもトップスピン至上主義なことをUPしていますが、1940年代から活躍した選手がトップスピンを重視したパッティングをしていたことはこの著書で初めて知りました。

で、具体的にどのような方法でトップスピンをかけていたかについては別稿に譲ります。

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。