パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
パットの上達には3段階あって、3段目は距離を届かせることだと仰るのは、ツアープロコーチの「タマティー」こと玉谷康高さんで、その要旨は弊ブログでも紹介させていただきました。
「3段階」

で、こわごわとショートさせていたパットを届かせるようにするって勇気が要りますよね。

元々強めに転がして3パットが多くなったのを防ぐためにショート気味にストロークするという過程を経てきているだけに、清水の舞台から飛び降りるような気持ちの切り替えが必要になります。

でも、飛び降りれば上手くゆく? 
違いますね。その勇気は称えられなければなりませんが、我々が欲しいのは結果です。

気持ちだけでなく、スキルが伴う必要があります。

何が必要か。パットで最も大切なのは距離勘(目標とする距離の実現力)です。

距離勘が良ければ、入らないパットでも次のパットでストレスのあるパットにはなりませんし、そのリズムが続けば、ファーストパットもたまには入る。○が転がり込んでくるということになります。

アヤコさんの仰るようにパットとアプローチは日替わりです。

これはショットと違い、加減即ち勘の要素が大きく占めるため、昨日良くても今日はそのことがそのまま続かないよ、という戒めですね。

パットで距離勘を作るスキルはいろいろとありますが、RNDの少ないアマにとってお勧めな方法は変動基準法ではないでしょうか。

これは、日ごろの宅練で自分の距離を作っておき、RND当日はその基準(振り幅やインパクトの強さ)のストロークを練習グリーンで行って、それによる転がり距離をその日の自分の距離の基準にし、RND中での距離に応じて振り幅(人によってはインパクトの強さ)を変えて対処するものです。

この方法は、スティンプ値によらずに対応出来ることも特徴です。

変動基準法については既に何度かに亘りUPしてあります。
「距離勘を高める10」

女子ツアーも開幕し、いよいよ本格シーズン。
距離勘を身につけておくとゴルフがまた一段と楽しくなることを保証いたします。
あ、ご自分で宅練を続けることが必要ですので、ご自身の努力が保証してくれるんですね!

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。