パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「B・キャスパーのパット③」に続きます。

今は、肩でストロークする振り子式が主流ですのが、希少種?の「リスト・パッティング」についての説明にもう少しお付き合いください。

何故なら、これをやるようになって、パットが俄然良くなったという方もおられるからです。

この方はシニアになって熱心にゴルフに取り組むようになった方ですが、肩を上下してストロークするというパットに徹することが出来ず、昔のままの手打ちのパットでしたが、リスト・パッティングに徹することでにわかにパットが安定してきたというものです。

ショルダーパッティングに徹せない方は、試してみる価値がありますね。

以下要所を抜粋して引用させていただきます。

ーーーー
手は自然に保ち、時には左手はズボンに触れている場合もある。

手を体からあまり離すと、スイングに余分な動作を誘発するおそれがある。なぜなら、このポジションは窮屈だからである。

私の腕は自然に垂れ下がっており、腰を心地よく少し曲げて目がパットラインの真上にくるようにする。

膝も少し曲げる。足と足の幅はちょうど肩幅ぐらいにとる。

パットをするのは左手である。
丁度、他のすべてのショットを左手が支配しているように。

バックスイングの際、左手がパターヘッドを後ろにあげ、フォワードストロークの際にも左手がクラブを前に戻すのである。

右手はパワーとフィーリングをクラブに与えるが、方向を決めるのはあくまで左手である。

パッティングにはラインとタッチが重要であってパワーではない。

ボールを打つときに最も大切なことは左手甲を動かすことである。
左手を決して止めてはならない。

両手で同時にボールを打つことが肝要である。

私は「リスト・パッター」と呼ばれるが、実際にはリストと腕のコンビネーションでパットする。
ーーーー

私(Green Keeper)は、リストパットというので、リストだけを使っていると認識していましたが、キャスパーご本人のこの言葉から、両方を使うということを初めて知りました。

どうやら、距離により使い分けているらしいですね(続きます)。

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。