パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
J・スピースのノールックパット「直感を信じて」のGolf Digestには、その前半に以下のような記事があります。同じく省略して引用させていただきます。

ーーーー
ビリヤードは左手で狙いを定めて、右手でパワー、すなわち距離勘(原文は感、以下同じ)を出す。

このビリヤードの特性はパッティングとよく似ている。

距離勘は右手の強弱で表現するもの。
まずは左手と右手の役割を明確にすることが大事。
これが把握できればストロークは安定する。

(もともと左利きだが、ゴルフは右打ちなので)ノーマルグリップで握ると左手がでしゃばって距離勘を出そうとするので、悪さをしないためにクロスハンド(Left Hand Low)に握る。

(大切なのは)片手ずつの役割を把握しながら一体感も出したいので、両手は間隔を詰めて詰めて握ったほうがベター。

左手は甲をターゲットに向けたらそのまま低く出すイメージ。

テークバックをあまり大きく引きすぎると、インパクトが緩みやすいので、テークバックは欲張らず右手でヘッドを加速しながら(*1)パワーを注入する。

練習グリーンでは最初の3球でその日のグリーンスピードと距離勘を調整する。

5mでも10mでも良いので、自分の基準となる距離を、打球の行方を見ずに3球続けて打って、同じ距離が出せれば、その日の距離勘が合わせやすい。

そのあと2m前後の入れごろ外しごろを打つ。
ショートパットは何も考えずにポンポン入るイメージをつけたいので、なるべくやさしいラインで何球も続けてカップインさせる。これが本番につながる。
ーーーー

*1:ふり幅をテークバック:フォロー=1:2にすると良いとアヤコさんはおっしゃいます。
   →「まったりストローク」

両手の役割は言い古されていますが、改めて言われてみれば、この感覚がおろそかになっていたように感じました。

初心に戻って取り組みたいと思います。

いつも感謝です、今日も↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。