パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
J・スピースのノールックパットについて「新々ハンマー打法」で紹介されていました。
「J・スピースのノールックパット」

座席に置き忘れた月刊誌現物は私の手元にあります(嘘!)。

重複しますが、スピースの言葉には何故ノールックなのかの本質があるように思いますので、一部を引用させていただきます(Golf Digestさん、ありがとうございます)。

ーーーー
僕は4ft(1.2m)以内のショートパットはボールを見ずに、カップを見たまま打っています。
(中略)
なぜか?それは直感を信じたいからです。

ついストロークする前に「こう打とう」「ああ打とう」とテクニカルなことを考えてしまいがちです。

でも、邪念があると入るものも入らなくなってしまう。
余計なことを考えずにターゲットに集中したいから、僕は素振りもほとんどせず、ショートパットはカップを見たまま打つようにしているのです。
(中略)
それに最初からカップを見ているから、球がどう転がってカップに向かっていくか逐一わかります。

球の行方が知りたくてたまらない人にもおススメ。

迷いなく打てるようになりますよ。
ーーーー

私(Green Keeper)の知る限り、あるいは私の実験からは、ショートパットというよりも中・長距離のパットで距離勘を合わせるのに向いているように思っていましたが、スピースは逆。

また、この記事の中で「カップを見ながらのほうがラインが見やすい」とも。

イメージがいま一つ湧きませんが
雑念を排除して、自分の直観力を信じてパットするほうが結果が良いということのようです。

で、この記事のタイトルは
「なんでカップを見ながら打つかって?」それは「入る」からだよ。

なので、彼の直近のショートパットのSTATSを覗いてみました(今季これまで)。

距離   成功率     ランク
3ft  100%     1位
4ft  87.5%    -
5ft  54.6%  185位
6ft  90.0%    7位

4ft以下はご本人の仰るように、素晴らしいですが5ftになると途端に悪化。

これはルック型に切り替えの境界で思うように結果につながっていない?とも考えられますね。

いっそのこと、長いパットもノールックにしては?と余計なことを考えてしまいました。

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。


AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。