パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
松山英樹は1打足りずにプレーオフに残れなかったのは、優勝したP・リードに比べてショットは全くの五分だったのに、パットが4日間で1打足りなかったことをUPしました。
「現代最終日」

PGAtourでは、すでに何度も取り上げたように「稼いだ打数(SG)」という概念の指標を導入しているので、こういう分析が簡単にできます。

松山もこれらのデータを分析して2勝目を目指していると思います。

そこで、パットの巧拙では、距離ごとに全選手の平均パット数はどうなっているのか、ということになりますが、現時点ではそのデータが見当たりません。

そこで、2011年版のデータを添付します(*1)。

全選手の平均ですから、現在も変わっていない(というか、変わったとしても大勢に影響ないくらいの変化と考えられます)と考えてよいと思います。

これがベースラインとして、各選手のすべてのパットの距離(レーザーですべて計測)と結果を1打ごろに評価してSGP(Strokes Gained Putting)が求められます。

会場によってグリーン全体の難易度が変わりますので、それも毎日の平均値から補正できるようになっています。→「真の巧拙指標の計算」

*1:「パットお悩み解決広場」を運営する細貝隆志様から頂いたものです。



いつも有難うございます、今日も↓ポチっとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。