パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
ではいったいパットがスコア差にどの程度貢献しているのか、ということをM・ブローディさんは貢献度(*1)として定義して検証しています。

04年~12年のPGAtourのスコアを見ると

○優勝選手のスコアは全体平均スコアより1RNDあたり平均3.7打よいーーーA

○優勝選手は全体平均に対しパッティングで1.3打稼いでいるーーーーーーーB

○B÷AX100=35%、すなわち平均貢献度は35%であり
 グリーン以外の(ショットの)貢献度は65%となる。

即ち、優勝へのパットの貢献度は35%といえます。

さらに、スコアへの貢献度(*2)は同期間のPGAtourの上位40人の選手について平均したデータから

○1RNDあたりの稼いだ合計打数(SGT)=1.13

○パットで稼いだ打数(SGP)=0.17ーーーーーーーーーーーーーーーーーC

○グリーン以外で稼いだ打数=0.95ーーーーーーーーーーーーーーーーーーD

PCS=C÷DX100=15%となり、
パットのスコアへの貢献度は15%、グリーン以外の貢献度は85%ということになります。

上位40選手のスコアへの貢献度は15%ですが、優勝した場合のパットの貢献度は35%。

ツアーで優勝するには、やはりパットが貢献しているとみるか、他のショットの貢献が65%と大きい、と見るかは意見の分かれるところだと思いますが、パットが良くなければツアーで勝てないと言えるのではないでしょうか?

(もちろん、パットが良くなくても勝てているという実例もたくさんあります)

*1:優勝へのパッティングの貢献度(PCV)=優勝選手が全出場選手に対してパッティングで稼いだ打数を優勝選手のスコアと出場選手全体の平均スコアの差で割ったものX100(%)。

*2:スコアへのパッティングの貢献度(PCS)=1RNDあたりのSGPを1RNDあたりの稼いだ合計打数(SGT)で割ったものX100(%)。

いつも有難うございます、今日も↓ポチっとお願い致します

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。